本文へスキップ

ポケモンORAS攻略情報まとめサイト



ファイアロー育成論

この記事ではHABCDS(H→HP/A→攻撃/B→防御…)等の略語を使用致します。
ルールはシングル、個体値は全て理想前提で話を進めていきます。
今回はファイアローの考察をしていきたいと思います

ファイアローとは

第6世代で登場した炎/飛行タイプのポケモン。
序盤に出てくる鳥ポケモンで、数値が足りてないし使えないと思いきや、夢特性の疾風の翼が強く、効果は「飛行タイプの技を優先度+1で使える」というもの。
そして炎/飛行と範囲も広く、Aが低いものの積み技に剣の舞もあるので対処し辛い。
ヒートロトムや、バンギラス、ヒードラン等で受けよう。
先制羽休めも行えるので、耐久型にしても強い。

種族値

HP 78
攻撃 81
防御 71
特攻 74
特防 69
素早 126

特性

特性1 炎の身体(直接攻撃してきた相手を30%の確率で火傷にする)
特性2 無し
夢特性 疾風の翼(飛行技を素早さ関係なく先制で使える)

タイプ相性

×4
×2 水/電気
×0.5 格/鋼/炎/妖
×0.25 草/虫
無効

素早さは高いが、それ以外が低い。
ダブルでは追い風サポート等でよく使われる。
特性により飛行技が先制で出せるので、紙耐久相手や、前のポケモンでHPを削りきれなかった時に強い。
A特化鉢巻なら、H252メガサナを確1で吹っ飛ばす火力にはなる。
プレートを持たせて剣舞を積むのもオススメ。
アローを使うなら特性は疾風の翼で確定。

物理技

ブレイブバード 威力120 相手に与えたダメージの1/3を受ける
タイプ一致技
アクロバット 威力55(110) 道具を持っていない時、威力が2倍になる
タイプ一致技
フレアドライブ 威力120 相手に与えたダメージの1/3を受ける
タイプ一致技
とんぼがえり 威力70 使用後、他の手持ちポケモンと入れ替わる
はがねのつばさ 威力70 自分の防御を10%の確率で1段階上げる

変化技

つるぎのまい 自分の攻撃を2段階上げる
おにび 相手を火傷にする
ちょうはつ 相手を攻撃技しか出せなく(変化技を出せなく)する
おいかぜ 自分と味方の素早さを2倍にする(4ターン)
はねやすめ 自分を最大HPの半分HPを回復させる
この技を使ったターンは飛行タイプが無くなる

ブレバは、どの型のアローでも必須レベル。
フレドラも欲しい場面がチラホラ。
特殊技はロクなものが無いので割愛。(強いて言えばオーバーヒートくらいだろうか)
先程も述べたが、炎/飛行の範囲は広く、使い易い。
しかし、アローはサブウェポンが少ないのが難点である。

アタッカーファイアロー

性格 意地っ張り
努力値 A252 B4 S252orH252 A252 S4
持ち物 拘り鉢巻or命の珠
確定技 ブレイブバード/フレアドライブ
選択技 蜻蛉返り/剣の舞/羽休め/鬼火/鋼の翼

微妙な火力を最大限に上昇させ先制ブレバで相手を倒していく型。
珠はHPが不安になりがちなので羽休めもあり。
鉢巻はブレバ/フレドラ/蜻蛉/鬼火or鋼の翼になるだろう。
拘り系に鬼火ってどうなの?と思う方も多いだろうが、正直鋼の翼よりかはマシである。
まあどちらにするかはお任せするが。
火力を上げつつ、小回りも効く珠、火力を大幅にアップさせる鉢巻、どちらも捨て難い。

剣舞ファイアロー

性格 意地
努力値 H172 A252 B28 D4 S52
持ち物 青空プレート
確定技 ブレイブバード/剣の舞
選択技 フレアドライブ/挑発/羽休め/鬼火

剣舞で火力を底上げして全抜きを狙う型。
1積みするだけでh3メガガルが吹き飛ぶ火力。
攻撃技がブレバだけになるものの、挑発+羽休めで耐久相手を起点に積める事が多くなる。
しかし、ガルドやサンダー、その他鋼タイプなどの打点にフレドラも欲しい。
鬼火を採用する場合は、ガブ抜きまでSを振ろう。

ゴツメファイアロー

性格 陽気
努力値 H252 B188 S68
持ち物 ゴツゴツメット
ブレイブバード/鬼火/挑発/羽休め

物理アタッカーを流しつつ、ブレバ圏内の相手に圧力を掛ける型。
火力には全く振っていないため、他の型には劣るが、グライやクレセ、バルジーナ等といった耐久型ポケモンを相手に出来、鬼火+羽休めでじわじわと削る。
先制羽休めが出来るので、岩石封じなどの岩技を2倍で受けられる様になる。
物理アタッカー相手には強く出れる。
挑発は起点になるのを防ぐ為に採用。
技の変更の余地はないと思われる(この技構成が優秀な為)。
しかし、先程も述べたが他の型と比べ火力が落ちるので、本来狩れる筈の高速アタッカーが狩れなくなってしまう(ゲッコウガなど)。
定数ダメを気にする場合はH172 B252 S84の配分でも良い。

HDファイアロー

性格 慎重
努力値 H236 A4 B4 D252 S12
持ち物 ラムの実
ブレイブバード/鬼火/挑発/羽休め

こちらはゴツメ型と違い特殊受け。
アローを受けに来たサンダーやポリ2、スイクンなどの相手を返り討ちにする。
先制羽休めが出来るので電気技が飛んできてもヘッチャラ。
こちらも鬼火でジワジワと削っていく形になる。
持ち物はラムの実。何かと状態異常技を喰らう事が多いので持っていると便利である。
青空プレートもあり、H252メガゲンなどを確2に出来る。

ファイアロー対策

ヒードラン ファイアローのブレバ、フレドラ(以下、メインウェポン)を半減以下に出来る
交代で出て来た相手に毒毒を入れることも出来、原子の力も覚える
ヒートロトム
ウォッシュロトム
ファイアローのメインウェポンを半減出来、10万やドロポン(ウォッシュ限定)でファイアローの弱点を突ける
バンギラス
ドサイドン
こちら両方ともファイアローのメインウェポンを半減
岩技をタイプ一致で使え、バンギラスの場合は砂ダメージも入るのでゴツメアローでも流石に受け切れない
(後だしの場合は厳しい)
ギャラドス 威嚇込みだとHB特化ギャラに対して鉢巻アローのブレバで22.7%~27.2%
あまりダメージを受けず、弱点も突ける
挑発で羽休めも防げるので羽休めで粘られることもない

一撃も喰らわず倒す事はほぼ不可能と言って良い。
受けて倒す方が安定するだろう。



ナビゲーション

書き込む

獲得研究値

S級記事

  • ねこ豆

A級記事

B級記事