本文へスキップ

ポケモンORAS攻略情報まとめサイト



メガガルーラ育成論

初投稿となります。誤字、脱字などがありましたら指摘して下さると幸いです。

この記事ではHABCDS(H→HP/A→攻撃/B→防御…)等の略語を使用致します。
ルールはシングル、個体値は全て理想前提で話を進めていきます。
今回はメガガルーラの考察をしていきたいと思います。

ガルーラとは

初代から居る単ノーマルタイプ。
5世代までは技のデパートでしか無かったが、6世代でメガシンカを貰った事により化物となったポケモン。
技範囲が豊富で対策し難い点や、特性親子愛(実質技威力1.5倍)により火力が高い点が挙げられる。
火力も魅力的だが、耐久もH105にBD100なので十分高水準。
更には弱点が格闘のみなので一致抜群でも無い限り、一発で倒される事はほぼ無いと言っていいだろう。
だが、半減以下に出来るタイプがゴーストのみなので、サイクル戦には若干不向き。

種族値

  ガルーラ メガガルーラ
HP 105 105
攻撃 95 125
防御 80 100
特攻 40 60
特防 80 100
素早 90 100
合計 490 590

特性

1 早起き 親子愛
2 肝っ玉 精神力

タイプ相性

×4 無し
×2
×0.5 無し
×0.25 無し
無効

先程も述べたが、火力、耐久、素早さ共に高水準である。
A特化捨て身で太鼓マリルリ(H132、B4振り)が吹っ飛ぶ火力。
そして耐久は不一致抜群技なら大体は耐えられる。
流石総合1位と言うべきか。

メガシンカする前の特性についてだが、速攻メガシンカするので正直なんでも良い。
強いて言えば肝っ玉が良いだろう。

早起き 眠い状態からすぐ覚める(眠りターン経過が2倍になる)
肝っ玉 ゴーストタイプが相手でもノーマル、格闘技が等倍で通る。
精神力 怯まない。
親子愛 同じ技を1ターンに2回攻撃出来る。ただし2回目の攻撃は威力が半分。能力ランクが変化する技などの効果は2回分与えられる。(例:グロウパンチを打つと攻撃が2段階アップ)

型紹介の前に、有用な技を紹介しておこう。

物理技

すてみタックル 威力120 メガガルの最高火力。反動でHPが削れるのが痛い。タイプ一致技
おんがえし 威力102 反動が無いが、火力は捨て身に劣ってしまう。タイプ一致技
からげんき 威力70 状態異常で威力2倍。鬼火や、電磁波を喰らい易いので、アリではある。
ねこだまし 威力40 自分が場に出たターンにしか出せない特殊な技。威力は低いが、相手を確実に怯ませる(例外あり)。
ふいうち 威力80 相手が攻撃技を使ってきたのみ成功する先制技。
ドレインパンチ 威力75 メガガルの回復手段はこれくらいしか無い。
グロウパンチ 威力40 追加効果に自分のAアップが100%。親子愛との相性が優れている為、採用されることが多い。
ひみつのちから 威力70 追加効果に麻痺が30%だが、グロパン等と違い、親子愛が適応されない。
がんせきふうじ 威力60 追加効果に相手のSダウンが100%なので、こちらも親子愛との相性が優れている。
いわなだれ 威力75 追加効果に怯みが30%。親子愛が適応されるので、雪崩を当て、相手を怯ませる確率が45.90%。
れいとうパンチ 威力75 ガブやマンダへの打点に使える。10%の確率で相手を氷にする。
ほのおのパンチ 威力75 メガガルを受けに来たナットに刺さる。10%の確率で相手を火傷にする。
じしん  威力100  ガルドやクチート、ドランに刺さる。
けたぐり 最大威力120※ シングルではあまりオススメ出来ない技。

※相手の重さに寄って威力が変わる

特殊技

れいとうビーム 威力90 鮫肌やゴツメの被ダメを防げる。10%の確率で相手を氷にする。
だいもんじ 威力110 受けに来たナットに刺さる。炎パンとの違いはゴツメや鉄棘の被ダメを防げること。10%の確率で相手を火傷にする。
10まんボルト 威力90 ギャラピンポ。10%の確率で相手を麻痺にする。
シャドーボール 威力80 通りの良さと、20%の確率で相手のDダウンがあるので、特殊ガルーラには採用されることが多い。

変化技

みがわり…秘密の力+雪崩をしてくるガルーラが持ってる事が多い。使ってこられるとなかなか厄介。


それでは、良く使われているガルーラの型紹介をしよう。

ガルーラ基本型

性格 陽気
努力値 H4/AS252
持ち物 メガ石
恩返し/グロウパンチ/地震/不意打ち

メガガルの基本とも言える型。
単純なAS振っぱだが、
上を取る事により相手を縛る+同じ100族への同速ゲーを仕掛けられる。
HAベースとは動きが異なってくる。

技構成は基本、恩返し/グロウパンチ/地震/不意打ち
となるが、PTに寄って変えていくのが良い。

ゴツメクレセ対策ガルーラ

性格 意地
努力値 H180/A212/S116
持ち物 メガ石
捨て身タックル/グロウパンチ/不意打ち/冷凍パンチor地震

HBゴツメクレセに対して、グロパン捨て身で突破しつつゴツメダメージ+捨て身の反動ダメージ耐え調整のガルーラ。
通称203メガガルと呼ばれている。
上記の努力値配分はガッサ意識。
ガルドを意識するならH180/A212/B84/D4/S28。
Sは落ちるが、突っ張れる相手が増える。
PTに寄って決めるといい。

両刀ガルーラ(無邪気) 

性格 無邪気
努力値 A156/C100/S252
持ち物 メガ石
捨て身タックル/猫騙し/不意打ち/冷凍ビーム

無振りガブを冷ビで確1になるまで振った両刀メガガル。
猫捨て身で無振りメガガルを確定で落とせる。
Cに多く裂く事により、無振りガブやH4メガマンダを確定で落とせる様になるが、その分物理方面の火力が低くなる。
この型を使う利点はガブの鮫肌やカバのゴツメに触れない、猫捨て身で相手のガルーラを処理出来る(相手も最速の場合、同速ゲーに勝つ必要があるが)という処だろうか。

両刀ガルーラ(やんちゃ)

性格 やんちゃ
努力値 H84/A204/B44/C100/S76
持ち物 メガ石
恩返し/地震/冷凍ビーム/大文字

無邪気と同じく無振りガブを冷ビで確1。
Hは16n-1、Sは準速ドラン抜き。
恩返しを捨て身にすると、耐久に振っていないサザンを確1になったり、HB特化メガバナが確2になったりする。
受けに来たナットやエアームドは文字で焼いてあげよう。

HAベースガルーラ

性格 意地
努力値 H228/A180/B76/D4/S20
持ち物 メガ石
猫騙し/捨て身タックル/グロウパンチ/冷凍パンチ

通称209ガルーラ。
203ガルーラと似ていて、ゴツメクレセを高乱数で突破出来、尚且つゴツメダメ+反動ダメ耐え調整のガルーラ。
C特化眼鏡サザンの流星を最高乱数以外耐え、威嚇込みの猫冷パンでメガマンダを落とせ、親の冷パンでB4ガブも高乱数で落とせる。

秘密の力+雪崩ガルーラ

性格 陽気
努力値 H196/A56/D4/S252
持ち物 メガ石
確定技 秘密の力/岩雪崩
選択技 炎のパンチ/身代わり/地震/グロウパンチ

まひるみ型。
グロウ秘密というのもあるが、筆者は見た事が無いので割愛。
主に秘密の力で相手を麻痺にさせ、そして岩雪崩連打。
麻痺か怯みで相手が動けないのを狙って無理矢理突破していく嫌らしい型。
耐久ポケも徐々に削られ、運が悪いと全く動けず突破されてしまう。

このくらいだろうか。
特殊一本でやっているガルーラはかなりレア。
ナットでメガガルを受けようとすると稀に文字が飛んでくるので注意してほしい。
かと言って上から格闘で殴ろうとしても、裏に居るであろうアローに狩られたり、クレセに受けられてしまう。
筆者はゴツメギャラを使っているが、使い始めてから雪崩ガルーラとマッチングする事が多くなった。

メガガルーラ弱体化はよ

メガガルーラ対策

ゴツメブラッキー 後だしではキツいが、対面なら処理出来る。
ゴツメナット 炎技持ち以外には基本出していけるのでオススメ。実際炎技持ちは3割も居ないので、炎技持ちと当たったら事故と割り切るのもいいかも。
ゴツメギャラ こちらも対面なら処理が可能。岩技持ちは除く。
バシャーモ、テラキオン、他 バシャーモや、テラキオン、メガミミ、コジョンドなどの上から殴れる格闘タイプで倒そう

等々。
必ずという訳ではないが、やはりゴツメで受けるのが良い。 

ナビゲーション

書き込む

獲得研究値

S級記事

  • ねこ豆

A級記事

B級記事